弔問を辞退する方法 マナーや手順をご紹介

弔問を辞退する方法 マナーや手順をご紹介

近年、生活スタイルや環境の変化からお葬式の形式が多様化しています。

とくに、家族葬は親しい間柄だけで故人を偲ぶことができるという理由から需要の高いお葬式の形です。

基本的に、身内のみで行う儀式であるため、参列者の弔問を辞退することが少なくないでしょう。

はじめて喪主を務める場合は、どのような方法や手順で辞退すれば良いか迷うことがあります。

丁寧にお断りする方法に疑問を感じる方が多いのではないでしょうか。

この記事では、辞退の仕方や手順、マナーなどをご紹介します。

参列者として気をつけた方が良いことも合わせてご紹介しますので、気になる方はぜひ参考にして下さい。

周囲と今後の関係を良好なものにするためにも、礼儀を重んじて適切な対応に努めましょう。

弔問の意味

故人の訃報を受けてから、遺族の自宅を訪ねてお悔やみの言葉を述べることです。

お通夜前に弔問することが一般的ですが、お葬式などの儀式に参列できない場合は、後日自宅を弔問する場合もあります。

また、お葬式の会場に弔電や供花を送ることで故人を弔うこともあるでしょう。

ただし、近年の家族葬の増加の影響で、親族以外がお通夜やお葬式など儀式に参列することが難しいことがあります。

弔問を辞退する時期

辞退を伝えるときは、やみくもに行うのではなく適切なタイミングを守りましょう。

通常は、故人が亡くなった後にお知らせすることが一般的です。

訃報と同時にお知らせします。

喪主や遺族は正しいマナーを守り、相手に失礼のないよう努めなければなりません。

大きく以下の2つのタイミングに分かれます。

亡くなったときにお知らせする

亡くなったすぐ後に辞退を伝える方法です。

訃報と合わせてお知らせします。

とくに、生前故人の病状や危篤状態を知らせていた場合は、早めに訃報を知らせることが良いとされています。

訃報の知らせにはお通夜やお葬式の日時や会場を記載しないことで、はっきりとした辞退の意思を伝えることができるでしょう。

儀式を終えてから

お通夜やお葬式など儀式を終えたあとでお断りする方法です。

儀式後に送る訃報と合わせてお知らせします。

儀式終了後に訃報を送ることは、喪主や遺族としてしっかりとしたお断りの意向を伝える意味があります。

参列者側もどのようにするべきか迷うことがないでしょう。

具体的な時期は、一般的に葬儀後から四十九日の間がふさわしいとされています。

香典をお断りするには?

香典をお断りするにはどのようにすれば良いのでしょうか?

香典の場合も、弔問と同じ方法でお断りします。

訃報に合わせてお知らせすることが一般的です。

その他、供花や供物などについても、参列者が困惑しないよう事前に伝えておきましょう。

お知らせする方法は、手紙やメールがあります。

また、当日会場で知らせることもあるでしょう。

このとき、受付やロビーに香典は辞退する内容の案内板を立てることが一般的です。

そのため、あらかじめ会場のスタッフに伝えておいて、案内板を手配してもらう必要があります。

当日の受付では、口頭での案内を合わせて行うことで参列者の迷いや混乱を避けることができます。

訃報の内容について

辞退するときは訃報のお知らせに記載するため、別途作成する必要はありません。

通常メールや手紙で訃報を知らせる場合は、故人の名前や、儀式の日時と場所、生前の感謝の気持ち、喪主の名前、弔問を辞退すること、などを記載しますが、お葬式の日時や場所はあえて記載しないことで、辞退に対する気持ちを明確にできるでしょう。

このとき、故人や遺族の希望であることを記すと、より事情が伝わります。

こちらでは、よくある文例を下記でご紹介します。

故人の逝去後に訃報で伝える場合

「母◯◯は病気療養中でしたが、◯月◯日◯時◯分に逝去しましたことをご報告いたします

誠に勝手ながら◯◯の希望により葬儀は近親者のみで行います

恐縮ですが弔問 香典 供花 弔電はご辞退申し上げます

生前のご厚誼に深く感謝しご通知申し上げます

喪主◯◯                                  」

葬儀終了後に訃報で伝える場合

「かねてより病気療養していた父◯◯が◯月◯日に永眠いたしました

葬儀は故人の希望で△月△日内々の者のみで執り行いましたことをご通知いたします

誠に勝手ながら 弔問 などはご辞退申し上げます

本来は直接ご挨拶申し上げるところ 遅れましたことをお詫び申し上げます

喪主◯◯                                  」