火葬後の骨上げについて お骨拾いの手順とマナー

火葬後の骨上げについて お骨拾いの手順とマナー

火葬を終えると故人の遺骨を拾い骨壷に収める「骨上げ」の儀式があります。

骨上げは遺族を中心として行う儀式であり、故人との最後の別れの場です。

哀悼の意を表すためにも、正しい作法で見送ることが遺族の役割といえます。

今まで喪主などの経験が無い場合は、手順などイメージがわかないことがあるでしょう。

この記事では、

「骨上げにはどのような流れがある?」

「正しい手順や方法を理解して故人を偲びたい」

と考える方のために、儀式にはどのような意味があるのかや、方法やマナーなどをご紹介します。

火葬後の法要についても解説しますので、今後の参考にして下さい。

骨上げとは?

骨上げとは火葬の後に故人の遺骨を骨壷に収める儀式です。

喪主や遺族など故人と関係が深い参列者を中心として行います。

儀式は拾骨(収骨)などと呼ばれることもあり、炉で焼骨したお骨を箸で骨壷へ拾い上げることが特徴です。

これには「故人を現世から冥界へ橋(箸)渡しをする」という意味合いがあります。

箸は木製と竹製の別素材で長さが異なるものを1本ずつ用いることが習わしです。

また、2人で片一本ずつ箸を持ち拾うなど、非日常的な作法を取り入れることは、冥界とは逆の意味を表していて「不幸が続かないように」との願いが込められています。

骨上げは世界でも珍しい儀式とされていて、遺族が故人を最後に偲び供養する日本特有の慣習といえます。

出棺から骨上げまでの流れ

葬儀・告別式の終了後、故人の棺を火葬場に移動します。

火葬は遺族や親族のみ関係が深い人が行うことが一般的であるため、一般の参列者にとっては葬儀場が最後の別れの場となるでしょう。

下記で出棺から火葬までの流れについて解説します。

出棺

告別式を終えると、遺族や参列者ら数人で故人の棺を霊柩車に運びます。

このとき、喪主は参列者に向けて出棺の挨拶を行うことが一般的です。

参列に対してのお礼の気持ちや生前の故人のこと、また遺族の思いなどを丁寧に伝えましょう。

納めの式

「納めの式」とは火葬場で行う別れの儀式です。

地域によって事情が変わる場合がありますが、炉の前に位牌や遺影を祀り故人の棺を囲みながらご僧侶に焼香や読経をお勤めいただくことが一般的です。

焼香ははじめに喪主、遺族、親族の順番で行います。

故人を慎み最後の別れを偲びましょう。

火葬

儀式を終えると炉へ棺を動かして焼骨します。

火葬には約1時間ほどかかることが一般的ですが、故人の性別や年齢で左右することや、棺の中に入れた副葬品が時間に影響する場合があります。

火が通りにくいものを入れた場合は、通常よりも火葬に時間がかかることがあるでしょう。

通常、副葬品はガスが発生する恐れがあるものや、燃やして悪臭が漂う素材のものは避けることが基本です。

骨上げの正しい方法について

遺族は火葬が終わると、会場の誘導で収骨部屋に向かい骨上げを行います。

このとき2人がペアとなり一本ずつ箸を持ち、ご遺体の足元から頭の順番で遺骨を拾い骨壷に収めます。

本来、男女でペアになることが習わしとされていて、一骨あるいは二骨ほどを収めることが主流です。

足から上半身に向けて拾い上げますが、喉仏は儀式の終盤に喪主が収めることが一般的でしょう。

骨上げの内容などは地域によって差があることが特徴で、関西など西日本では一部分を収める「部分収骨」、東日本では全てのお骨を拾い上げる「全収骨」が主流とされています。

また、立場ごとにも順番があるため注意しなければなりません。

正式には、喪主、遺族、親族の順番で骨上げを行います。

小さいお子さんや高齢の方などで骨上げが困難な場合は無理に行う必要はありません。

全ての骨上げを終えると遺族は遺骨を収めた骨壷を布で包みます。

白を基調とした布を用いることが一般的です。喪主や遺族は骨壷と遺影、位牌を自宅に持ち帰ります。