真言宗とはどんな宗教?お葬式マナーや特徴について

真言宗とはどんな宗教?お葬式マナーや特徴について

同じ仏式のお葬式でも宗派によって独特の内容や流れがあります。

中でも真言宗はお葬式の内容が他の宗派に比べて独特です。

そのため真言宗のお葬式について不安がある方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、真言宗に関する知識やお葬式の流れ、参列する際のマナーについてご紹介します。

多少なりとも知識を持っておくことで、真言宗のお葬式に関する不安が解消されるでしょう。

真言宗とは?

真言宗とは、仏教の中の宗派の1つです。

平安時代初期、「弘法も筆の誤り」ということわざで有名な弘法大師(空海)が中国への留学後に、開祖となり日本で広めました。

弘法大師が中国で学んできた密教を日本に伝えたのが、真言宗の始まりと言われているため、真言宗は密教となります。

密教とは、教えを広く分かりやすく公開する顕教とは反対に、師から弟子にその教えや儀礼について口伝によって受け継がれていくものです。

真言宗では大日如来を本尊としています。

大日如来は宇宙の根源とされていて、宇宙の真理そのものとされている仏です。

真言宗では、悟りの境地に察して宇宙の真理を極め、大日如来と一体化することで生きながらにして仏になることを目指します。

これが仏と同じように行動し、心を清く正しく保つことができれば、生きながらにしても誰でもすぐに仏になれるという「即身成仏」の考えです。

真言宗は現在大きく古義真言宗・新義真言宗・真言律宗の3つに分かれ、さらにそこから宗派は18個に分かれることから真言宗十八本山と呼ばれています。

なお寺院の自己申告制のため正確な信徒数は図れませんが、最も主流の高野山真言宗だけでも全国に約550万人の信徒がいると言われており、大きな宗教と言えるでしょう。

密教であること、そして「即身成仏」という独特の教えから、お葬式は他の宗派とは少し異なる独特の特徴を持っています。

真言宗のお葬式の特徴

真言宗のお葬式の特徴は「灌頂(かんじょう)」と「土砂加持(どしゃかじ)」という独特の儀式を行うことです。

灌頂とは

灌頂とは、故人の頭に水をそそぐ儀式です。

もともとはインドで国王が即位する際に行われていた儀式で、仏教儀礼に転じたと言われています。
頭に水をそそぐことにより、故人が仏の位にあがるという非常に重要な意味を持つ、密教独特の儀式です。

土砂加持とは

土砂加持とは、清水で洗い清めた土砂を棺の中に入れる儀式です。
光明真言を唱えながら行い、生きているうちの災いや罪を払うとされています。
罪を滅ぼして、成仏するために善を生むということから「滅罪生善」という意味を表す、こちらも重要な儀式です。

真言宗のお葬式の流れ

ここでは大まかな真言宗のお葬式の流れについてご紹介します。
真言宗ならではの独自の流れもあるので、把握しておくことで当日戸惑わないようにしましょう。

僧侶の入場

お坊さんが入場します。
焼香と出棺以外のこの後の一連の儀式はお坊さんが行いますので、静かに座って見守りましょう。

塗香・三密観・護身法・加持香水

塗香:故人の身体に香を塗り、穢れを払います。
三密観:身密、口密、意密の三密と呼ばれる教えを元に、身、口、意に吽の字を置き、即身成仏させます。
護身法:5種の印を結び、真言を唱え、心身を整えます。
加持香水:浄化した香水を故人に掛けることで、煩悩を払います。

三礼・表白・神分・声明

三礼:仏法僧を礼拝するために周礼・儀礼・礼記の三礼を唱えます。
表白:大日如来に祈りを捧げます。
神分:降りてきた大日如来に対して、降臨のお礼と、故人へのかごと滅罪を願います。
声明:仏典に節をつけた音楽です。お坊さんが節をつけて仏典を唱えます。

授戒作法

仏門に入る儀式として偈文を唱えながら、故人の髪を剃ります。実際に剃るのではなく、剃るふりをするだけの場合も多いです。
そして故人へ戒名を名付けます。ここで故人が大日如来の弟子として帰依することになります。

引導の儀式

再び表白と神分を行い、地獄の道に行くことのないよう不動灌頂や弥勒三種の印明を授けることで、故人の即身成仏を祈ります。

墓前作法(破地獄)

破地獄の真言を与えて、故人の心にある地獄を取り除きます。
そして金剛杵を与える儀式です。
近年は破地獄のみ省略されることが多々あります。

焼香・出棺

お坊さんが、成仏を祈る諷誦文を唱えている間に焼香を行います。
焼香は後ほど詳しく説明しますが、真言宗では3回行うのが正式です。

焼香が終わったら、お坊さんが大師様から繋がると言われる導師最極秘印を結び、指を3回鳴らします。
これは撥遣という魂を抜く儀式です。
そして棺の上に花を添えたら出棺となります。